ForGetting Things Done

「水のように澄みきった心」で頭空っぽに。

社内GTD実践プロジェクト進捗

会社で進めている「GTD実践プロジェクト」、粛々かつふつふつと進捗しております。目的は「社内にGTDを広め浸透させる」。 そもそもはQCサークルとして始まりました。活動が認められ、メンバーはそのままに正式に社内プロジェクトへと昇格し、5ヶ月が過ぎよ…

タスク管理を身近に感じてもらう講座をしました。

光明が見えてきております。 「タスク管理」って、マニアックっぽくて、訳分からなくて忌避されがちなんですよね。「タスクって何?」「管理って、何かに縛られるの?」といった感じで。 実際、私が自身の就業環境への適応という問題を解決した、エクセルの…

「優先順位はどうしたら付けられるようになりますか?」への答え

また優先順位について考えてみました。なぜこんなにこだわるのか。それは、私がやっているイベントでよくある質問が「優先順位がつけられないのですが、どうすれば良いですか?」というものだからです。そして、それに対する、タスク管理手法"GTD"の開祖デビ…

終わりまでの見通しがつくとストレスが激減する

仕事が嫌だという理由はいくつかあると思います。自分の意思とは別の作業を強いられるのが嫌だ、人間関係が悪い、通勤が辛い、などなど。 私が仕事というものに感じてきた辛さの本質は何かと考えました。それは「見通しが立たないのに締め切りだけ設定される…

人生の醍醐味をGTDがお膳立て

自分のやりたいこと、人生の目標、夢のようなものが見つかった人は幸せです。そんな人は、夢に向かって脇目も振らず一直線に進んでいくのでしょうか。いや、そういう人も、かなり特別な状況ではない限り、日常的に発生するタスクからは逃れられないと考えま…

GTDを維持する「努力」

タスク管理手法"GTD"の開祖デビッド・アレンは、「GTDを実践するにはどうしたら良いか」というインタビューに対してこのように答える、と自らの著作で書いています。 「5段階の行動をすべてきちんと実践することです」と、私は答える。「まず、頭の中にある…

どうやって優先順位をつけるのか?

タスク管理手法"GTD"の考案者デビッド・アレンは、どうやって優先順位を決めたらよいかという質問には決まって「あなたの仕事はなんですか?」と答えるそうです。 質問に質問で答えられたらイラっとしますが、それは置いておきましょうか。 デビッド・アレン…

タスク管理はパンである

聖書には「人はパンのみにて生くるにあらず」という言葉があります。 人は物質的な満足(=パン)だけを目的として生きるものではなく、精神的なよりどころ(=聖書)が必要である。 という意味です。 発達障害者支援のイベント動画を見ました。参加者も大勢い…

私のタスク管理ツールの特徴(特にクラウド版)

私のツールの特徴私のタスク管理ツールを人様にお出しするにあたり、何が特徴的なのかを言語化しようかなと思いまして書きます。私のタスク管理ツールの大きな特徴は「情報の一元化の徹底」と「ボール持ち概念の導入」です。その他は至ってシンプルです。 上…

「規律」が「仕組み」になるとき

規律 自分を自由から遠ざけて縛るもの。制限。 仕組み 自分が自由にやりたいようにするための手段。方法論。 目的地に行くのに電車を使う。これは制限でもあり、目的地に行く自由を実現するための便利な手段です。 私は東京にある中央線武蔵小金井駅が最寄り…

未知の仕事の不安を解消する

私は仕事からくる不安が大の苦手です。大したことないと思えるようなことでも、勝手に自分の中で増幅してしまい、精神的なダメージを勝手に負ってしまうのです。 「不安が推進力の源となる」という話があります。それが言えるのは、その不安は解消可能だと自…

衝動性に対抗するタスク管理

ADHDの特性である「衝動性」。私にもこれがあると思っています。タスク管理ツールに入力しなきゃいけないと分かっているのに、入力せずに実行してしまうのです。今も毎日この衝動性と戦っていると言っても過言ではありません。 タスク管理手法"GTD"の開祖デ…

タスク管理を続けるコツは「覚悟を決めること」

先日のイベントで「タスク管理に時間を取られてしまう問題」について質問がありました。 以前も、タスク管理にかかる時間は必要なものとして諦めませんかという記事を書きました。 hochebirne.hatenablog.com とは言え、やる時間が取れない場合はどうすれば…

12月4日付中日新聞・東京新聞掲載「業務の「見える化」で安心 発達障害の会社員男性がツール自作」

「ひらめきメモ」のF太さん(@fta7)と共に回を重ねている「自分は要領が良くない、と思い込んでいる人のための仕事術」を、先月頭に名古屋と京都で開催してきました。 名古屋は中日新聞のお膝元です。中日新聞社に勤めている先輩へ、取材して記事にしてもら…

第17回&18回「自分は要領が良くない、と思い込んでいる人のための仕事術」無事終了

おかげさまで、今回の開催も無事終了いたしました。 www.kokuchpro.com 開催者側が言うのもなんですが、皆さま本当によく3時間もの長丁場に耐えて参加いただいているものだと感心しています(ほんとに「お前が言うな」ですね)。 その中でも、 ・(発達障害…

本日開催!「第17回&18回 自分は要領が良くない、と思い込んでいる人のための仕事術」

本日はちょうど1年 何からちょうど1年なのかと言うと、昨年開催したこのイベントの2回目が同じ12月3日だったのです。まさかこんなにたくさんの方々にお話できるとは思ってもいませんでした。 要領が良くない、って……? あらためてこのイベント名にある「要領…

明日開催! 第17回&第18回「自分は要領が良くない、と思い込んでいる人のための仕事術」

一日2回のダブルヘッダー開催をしているため、先月の名古屋・京都開催分も含めると合計18回にもなります。にもかかわらず、毎回こくちーずの申し込みは早々に満席。毎回同じようなことを言ってますが、それだけ悩んでいる方が多いということでしょうか。 ww…

自己肯定感を上げる仕組み

「実行するだけでドンドン自己肯定感が上がる」 怪しいですね。話を聞いたら最後に「そのためにはこの水をお買い上げいただく必要が…」とか出てきそうですね。胡散臭いですね。でも、そんな話をします。あ、大丈夫です、変な水とか売りません。 自己肯定感を…

落ち着きのなさを打ち出す

アラフォーになると落ち着きを求められたりします。本気で何かしてやろうと思っていると「青臭い」「意識高い」「胡散臭い」と揶揄されます(「意識高い」は元々ネガティブな言葉じゃないのに)。 先日私は、自分のような特性(特にADHD不注意優勢型)を持…

先送り友の会

「先送りしてはいけない」とは言え… 私の開催するイベントでは、私の弱点として「先送りしてしまう」という項目を挙げています。先送りすることは悪いこと。先送り。ダメ。絶対。しかし、そう考えると、今手持ちの仕事は全部今日のうちに終わらせないといけ…

GTDに足りないことと、それをサポートするひと工夫

GTDに足りないこと GTDは世界で最も完成されたタスク管理手法の1つですが、そんなGTDでも工夫する余地はあります。むしろ個々人でのカスタマイズができるところにまたGTDの良さがあります。そこで、私なりのカスタマイズ、ひと工夫を2つ書きます。 その1…

「なんでタスク管理を広めたいのか」考

きっかけはこちらの記事。 今まで無意識にスルーしていた、根源的な自問をしてみました。はてなブログに投稿しました #はてなブログなぜタスク管理を広めることに夢中なのか - ForGetting Things Donehttps://t.co/5GyYx8jgfO— 小鳥遊@12/3イベント (@nasike…

なぜタスク管理を広めることに夢中なのか

私が夢中になったもの 私が夢中になったもの(ひと、では無く)は今までに2つ。クラリネットとタスク管理です。生活様式を変えるまで影響を与えました。クラリネット歴は27年、タスク管理歴は4年。年数の差はあれど、現在の熱中度は甲乙つけがたい状態です…

タスク管理講座での壁

就労移行支援事業所での講座 今月から週に一回金曜日に業務として、障害者就労移行支援事業所「EXP立川」に通っております。昨日も行ってまいりました。 「しくじり先輩」と銘打った私の講座、今回は毎月行う「自己チェック」と「交通費精算」について、EXP…

「タスク管理界隈」という優しい世界

「〜が好きな人に悪い人はいない」 「〜が好きな人に悪い人はいない」という話を聞くことがあります。音楽が好きな人に悪い人はいない、この本が好きな人に悪い人はいない、落語好きに悪い人はいない、などなど。 実際にはそうでない、つまり悪い人もいい人…

GTDはある意味仕事術ではない

より仕事ができるためになること より仕事ができるようになるには、例えば英語を勉強したり、MBAを取ったり、その他資格やらスキルやらを取りまくれば仕事がデキる人になれると思います。仕事がデキる人を「高い給料がもらえる人」と定義すれば、GTDよりもも…

タスク管理でクォンタムチェンジ

クォンタムチェンジ 私がお世話になっている、社会福祉法人SHIPで理事をされている方のツイート。「クォンタムチェンジ」というものについて。 【クォンタムチェンジ】人格や価値観を劇的に変えてしまうような瞬間のこと。誰でも一度はあったのではないでし…

タスク管理の手間は必要だと諦めよう

タスク管理の面倒くささ タスク管理が好きで好きでたまらなくなっている人は、タスク管理に自分の手間をかけることを惜しみません。タスク管理にかける時間と、管理しているタスクを実際に実行する時間のバランスが取れている人は問題ありません。 しかし、…

タスク管理による「恐怖突入」

恐怖突入その前に(森田療法の話) いきなり物騒な言葉ですね。恐怖突入とは、心理療法「森田療法」の中の用語です。森田療法とは、不安や恐れなどからくる神経症への治療法です。 www.mental-health.org 不安を抱えながらも生活の中で、必要な事(なすべき…

月火水木土日日

先々週から、毎週金曜日は会社に出社せず、代わりに社会福祉法人SHIPの運営するEXP立川という障害者就労移行支援事業所に行っております。 厳密に言うと、いや言わなくても、れっきとした勤務日なのです。しかし、EXP立川での仕事は「やりたい➖やらねば軸、…