ForGetting Things Done

「水のように澄みきった心」で頭空っぽに。

割り込みタスクが煽る不安に対抗する

割り込みタスクが入ってきて1日潰れました、というのはあながち嘘ではありません。 本当に一日かかるタスクが発生するときもあるでしょう。当初そんなにかかるはずだとは思えなかったタスクが、なんだかんだで随所で発生して1日のほとんどを使ってしまったと…

タスク管理で複業をする余裕を作り出した結果、祭りになった。

仕事に振り回されて、帰っても寝るの繰り返しで忙殺されて良いのか。これは多くの社会人が抱える問題でしょう。 私は、タスク管理"GTD"をすることで、精神的な余裕ができ、複業できるようになりました。 精神的な余裕とは何か。それは、別のことを考えられる…

それでも地味に頑張るハッタツさんこそ注目すべき

特性を生かして?私は発達障害のADHD(注意欠如・多動症)の不注意優勢型だと診断を受けて、そして障害者手帳の更新を忘れて今通常雇用で働いているという、何ともあべこべな就業をしております。 ニュースでも発達障害のことは取り上げられるようになりまし…

「一箇所に集める」ことは単なる物の移動にとどまらない

やる気スイッチはとても重要物事を進めるのに際してブレーキがかかる重要な要素として、「やる気を失う」ことは見逃せないものだと思います。「やりたくなくなる」「うんざりする」をどれだけ避けられるか。これをコントロールできると生産性は格段に改善す…

「仕事を書き出す」は単なるテクニックを超えた、生存戦略だ。

大事なことなのでまたまた言います このブログで何回も書いていることですが、大事なことなので何回でも同じことを書きます。 仕事が終わったら、仕事のことを忘れる。これができるとできないとでは全く違う、ということです。 違う、というのは焼きそばと冷…

衝動性をタスク管理でコントロールする

衝動性の自覚自分には衝動性があることを自覚しています。良い方向に影響しているところもありますが、良くないことも多々あります。 実は、割と最近まで自分の衝動性には無自覚でした。ADHDは「注意欠陥・多動症(昔は「注意欠陥・多動性障害」)と言うので…

優先順位、つけられるかつけられないか問題

優先順位つけても数分後には別のことをしている!私はタスク管理ツールとは別に、1日の予定表を作っています。始業の8時から30分ごとに区切った、ごくごく簡単な表です。株式会社ワーク・ライフバランスという、働き方改革コンサルティングをやっている会社…

会議後のタスク管理処理

会議に出た何かの会議に出たとしましょう。何かの話が進み、会議が終わります。さて、次回までに自分は何をすれば良いのか。ノートには「新事業」「他社」「田中部長」との走り書き。 ノートにそんな走り書きだけあっても困りますよね。一体自分は何を聞いて…

「次に取るべき具体的な行動」の作り方

どこまでら細分化すれば良いの? 見極めの中で重要な「次に取るべき具体的な行動」を明確にして書き出すという行為。どこまで細分化すれば良いのか分からないという人もいるかもしれません。 1つの指標として、「え?ここまで細かくするの?」というレベル…

「しまった…」に一日中支配された日

朝一のミーティング 朝一番に大事なミーティングを持ってくるのも良し悪しだなと思いました。これを書いている本日(10/11)、偉い人たちとのミーティングがありました。事前に目的を共有していたものの、私の説明がトンチンカンになってしまい、一旦仕切り…

タスク管理でメンタルヘルスを安定させる

メンタルヘルスの経済学「オイコノミア」というNHKのテレビ番組があります。経済学「エコノミクス」の語源の古代ギリシア語がそのタイトルになっています。毎回観ているのではなく、この回の「みんなで考えよう メンタルヘルスの経済学」というテーマにひか…

会社員のタスク管理に必須「ボール持ち」

タスク管理は人によって違う私が常々ご紹介しているタスク管理の方法は、あくまで自分はこうやっている、という一例に過ぎません。 タスク管理手法として世界的に有名な"GTD"ですが、GTDですら、実際の方法論は千差万別です。そもそもGTDは、その差を許容し…

タスクの「見極め」、誰がする?

何を目的にするのか業務タスクを抱えているとき、割と「あれ、これ何のためにやらなきゃいけないんだっけ?」と思ったりしませんか? 時折、その業務をやるためにその業務をやる、いわゆる手段の目的化になってしまっていることがあります。その場合によく出…

反射的に「どんどん片付ける」癖もGTDで身に付けられる

タスク管理のイメージタスク管理の持つイメージは、長期的な展望が必要なタスクを、他の並み居るタスクと並行させながら確実に進捗させる、というものではないでしょうか。 しかし、タスク管理メソッドの1つであるGTDは、別の側面もあります。そもそもGTDは…

書類を1か月あたためる男

ごめーん、1か月あたためちゃった!自分が業務上のボールを持っている書類を1か月間あたためた人とミーティングをしました。開始早々、「いやーごめん、1か月オレがあたためちゃってさ」との話。その方の人徳か、まったく責める気は起きませんでした。 ミー…

「具体的」を欲しがるようになろう

曖昧表現に逃げる「副詞に逃げる」と言う方もいますが、「『きっちり』頑張ります!」とか「『しっかり』やり抜きます」といった曖昧な表現を使うこと、ありますよね。例えば、営業が業績を報告して、目標に到達していない場合に、どのように報告するか。「…

本当にタスク管理をやる時間が無いのか?問題を考える

「やる時間がなくて」タスク管理を勧めると十中八九言われるのが「やれればいいんだけど、時間がなくてね」。ちょっと考えて欲しいと思います。 やりたくないのを言い換えているのであればしょうがないです。または、毎日200通メールが来たり、数秒おきに製…

「実行」するパワーを会得するための準備

時系列別、タスク管理の3つの過程 タスク管理"GTD"では、時系列で大きく3つに分けられます。下準備、実行、後処理です。 下準備は「収集」「見極め」「整理」 実行は(そのまま)「実行」 後処理は「見直し(更新)」 この3つの中であえて1つだけ大事な…

タスク管理ツールの更新は、作業から次第に快感に変わっていく

ツールを見直す2つの目的タスク管理”GTD"では、信頼できるシステムにすべてのタスクを預けて、現状をそれに反映させる「更新(見直し)」を必須としています。「信頼できるシステム」は「タスク管理ツール」と読み替えることができます。 GTDの考案者デビッ…

日常を笑うものは日常に泣く

♪なんでもないようなことが日々の何気ない価値を大事に生きましょうね、といった話ではありません。私はその考え方には大いに賛成します。しかし今回のテーマは違います。 日常的で些細な行動こそ管理が大変なこと、それが崩れると大コケしてしまうというこ…

あなたの大切な資産は?

「寄せ書きブログ」企画に参加 ツイッターで見た、ぞのさん(@z02n05)発信のこの企画に参加することにしました。「あなたの大切な資産は?」というテーマでブログ記事を書くというものです。 ブログを使って、面白そうな実験を始めてみました。ブロガーさん…

「机の上が汚い人は仕事ができない」という理由

汚い机の上を見たとき何となく一般的な了解事項になっていますが、机の上が汚いと仕事ができないとはよく言われます。気になっていなければ、机の上がキレイであろうとあるまいと関係ありません。しかし、殆どの人は、乱雑に書類が置かれている机を見ては、…

30数年前のGTD

荷物を詰め込んだカバンこちらの一節を読んだとき、小学生の頃の思い出が蘇りました。 リュックやカバンに大量の情報や資料を詰め込んで歩いている小学生を目にすると、私はいつも疑問に感じてしまう。この子たちは相変わらず「気になること」だけを押しつけ…

ついやってしまう「安請け合い」

「社員の駆け込み寺」今思い出すと恥ずかしいのは「私は会社の駆け込み寺として、何かあったときに頼られる存在となり、屋台骨を支えてきました」といった発言を、転職の面接でしていたことです。いやぁ、今書いていてもこそばゆい。 実際、そのような立場で…

無事終了!第13回&14回「自分は要領が良くない、と思い込んでいる人のための仕事術」

感謝御礼無事完了去る9月24日、無事に「自分は要領が良くない、と思い込んでいる人のための仕事術」が終了しました。参加された皆様、おかげさまで良い会ができたとおもいます。 www.kokuchpro.com (※すでに終了しています) 今回もこくちーずプロの告知ペ…

企業勤めのイチ法務マンが、個人的にやっている活動を会社に持ち込み半日で事業化した話

好きでやっていた社外活動を、会社の業務として行うことになりました。 近いうちに「企業勤めのイチ法務マンが、個人的にやっている副業を会社に持ち込み半日で事業化した話」をします。乞うご期待。— 小鳥遊 (@nasiken) 2017年9月21日 2種類の社外活動ここ…

「いつかやる/多分やる」リストに込める「夢」のようなもの

夢を実行するか、捨てるか、それとも保留するかあまり大の大人が口にしない「夢」ですが、これもまたタスクの1つです。「世界平和」も「コーヒーを買う」もタスクです。であれば、GTDの5つのフローにしたがって「夢」もブレイクダウンしてかなえることがで…

第13回&第14回「自分は要領が良くない、と思い込んでいる人のための仕事術」開催!

初回から1年以上経ちました 昨年9月3日に第1回の「自分は要領が良くない、と思い込んでいる人のための仕事術」を開催してから1年以上経ちました。それから数えて、今度で14回を重ねることができました。一重に、興味を持って申し込んでいただく方々のお陰だ…

GTDで捨てる能力を身に付けてデスクをきれいに

デスク上がキレイな人は仕事がデキるこの言葉を聞くたびに肩身が狭い思いをしてきました。そうです。とても机の上が汚かったからです。厳密に言うと、今も家では整頓できていません。ところが、職場の私のデスク上はきれいです。客観的一般的に「仕事がデキ…

タスクを書き出してもいっこうに進まない、と悩む人へ

書き出したのに、タスクが減らない!ありがちですね。頑張って、自分が今抱えているタスクを書き出した。そして、それらのタスクが終わったら二重線で消すようにした。なのに書き出したタスクの総量はいっこうに減らない。むしろ、日々発生するタスクの数が…