ForGetting Things Done

「水のように澄みきった心」で頭空っぽに。

「気になることを排除する」の効能

世には色々なシステムや仕事術がありますが、ほぼ全てに共通するのが、無駄な行動をなくすということです。 無駄な行動の中で最も無意識で取り除くのが難しいものは「気になることに気を取られ、別のことをしてしまう時間」「あることをやるために集中しなけ…

社内GTD実践プロジェクト

先日の会議 現在進行中の、当社にてGTDを広める活動をする「GTD実践プロジェクト」。クラウド版タスク管理ツールを見せびらかし、もとい試験的に操作してもらってその感想を出してもらったことは書きました。 hochebirne.hatenablog.com Wさん頼みの進行 以…

引き続きクラウドアプリ拡散戦略を考える

拡散戦略が頭から離れない プログラマーとして働いているさがっとさん(‪@sagattosaga ‬)に、タスク管理ツールのwebアプリを作ってもらってからというもの、これをどのように拡散したら良いかという考えがずっと頭の中を回っています。 なぜかと言うと、実…

タスクの大小問題

GTDの想定する階層構造タスク管理方法"GTD"では、やるべきことは少なくとも2つの階層に分けることを想定しています。 大きいのが「プロジェクト」、それが複数の「タスク」に分解されます。私たちが具体的だと感じ実行する単位がタスクです。私は「手順」と…

立ち入り禁止区域の黄色いテープ

「話しかけるなオーラ」をいい感じで出したいと常に思っています。でも、どちらかに寄るしかないですよね。ムスッとしていた次の瞬間にこやかに話しかけてこられたら、「この人はどういう人なのか」と眉をひそめられることうけあいです。 では、「ムスッ」に…

タスク管理ツールを社内の女性社員に見せてみた

GTD実践プロジェクト会議当社では、タスク管理手法”GTD"を広めるべく、GTD実践プロジェクトを推進しています。当社ではと書きましたが、ほぼほぼ私が提案して私がプロジェクトリーダーとしてやりたいようにやっているのが現状でして、先日もプロジェクト方針…

【ご協力を!】タスク管理ツールに名前を付けたい!

問われるネーミングセンス、落ち込む私 タスク管理ツールのクラウド化がどんどん現実化し、とても嬉しい悲鳴を上げております。「タスク管理ツール」って文字数が多くて入力しづらいんですよね。 また、クラウド化されたのを手に取り「是非これはたくさんの…

「生産性の向上」の本質

「生産性を上げる」という言葉の餌食になっている人は多いんじゃないかと思います。とにかく始業から終業のスパンを狭くすれば良いという乱暴な考え方によって、意図しない先送りを余儀なくさせられたり、もっと悲しいのはサービス残業をさせられたりしてい…

仕事中、「これをやっていて良いのか?」という疑念を発生させない

本当に今やるべきかいくつかやるべきことがあるとき、「これが間違いなく今やるべきことだ」と自信を持てていますでしょうか。始終そういった自信をもって仕事に向かえる人は、とても生産性が高いのではないかと思います。逆に言うと、業務の生産性を下げる…

「自分は要領が良くない、と思い込んでいる人のための仕事術」名古屋・京都開催の御礼と今後について

おかげさまで無事終了 一昨日の名古屋、昨日の京都と、私にとっては初めての東京以外での開催を無事終わらせることができました。ご参加いただいた方々、それと事務処理を手伝っていただいたり、必要な機器を貸していただいたり、その他SNS上で見守っていた…

スルースキルが欲しい

同僚の華麗なるスルースキル 私のメンタルが豆腐過ぎるからかもしれないのですが、同僚のおおらかなスルースキルを羨望の眼差しで見ております。毎週行われる部のミーテイングで、「●●さん、これできた?」と部長から言われて「あ、、ほんっとすいません、で…

いよいよ名古屋・京都開催!【自分は要領が良くない、と思い込んでいる人のための仕事術】

名古屋・京都の皆様、よろしくお願いします! 昨年9月3日に第1回の「自分は要領が良くない、と思い込んでいる人のための仕事術」を開催してから1年と1か月。それから数えて、今度で通算16回を重ねることができました。しかも、いつも開催している東京を離れ…

タスク管理"GTD"で「言い切る自分」を手に入れる

言い切りたい仕事の場で意見を求められたり判断を求められるとき、「こうです!」と言い切れる人になりたいと思っていました。今も思っています。 意見などを言った相手から「それ本当?」とか「あ、そうなんだね」と言われると、私はつい自分を疑ってしまい…

作戦を立てずにアメフトの試合に出場したいですか?

GTDの開祖デビッド・アレンは、著作でこんなことを書いています。 元々スーパーボウルのチームに在籍していた彼は、GTDがアメフトに似ていると言っていた。アメフトでは、フィールドに出てホイッスルが鳴ると、もう考えているヒマはない。試合までの6日間で…

行動力は上がらない。ハードルを下げるのみ。

行動力がある人は尋常じゃない体力と度胸があるものだと常々思っていましたが、それだけではないようです。 私は昨年あたりから行動力があると言われ始めましたが、体力も無いですし、度胸もせいぜい人並みです。ちなみに、黒光りするGが現れると、情けない…

「全部のタスクを管理する」なんていきなりは無理だ!とお悩みの方へ

GTDを紹介してまずひかれてしまうのは、最初の「収集(把握)」プロセスの段階で「自分が抱えている、気になることすべてを書き出そう」と事も無げに言うからだと思います。 だってそうですよね、ただでさえ自分の仕事が把握しきれていないのに、全部書き出…

引き続き、タスク管理ツール拡散の野望

拡散したいクラウド版タスク管理ツールの試作を見せてもらってからというもの、これをどうやったらたくさんの人に使ってもらえるだろうかと、野望が止まりません。 「でも、そもそもなんで拡散したいの?」と自問してみました。自分が作ったツールを使ってく…

リマインダーは怖くない

「やるべきことを全部紙に書き出して、それをリマインダーとして定期的に見返せ、だと!?」 「自分がリマインダーに見張られているようで嫌だ!」 「自分がリマインダーに縛られているような気がする。もっと自由に動きたいんだ!」 こんな感想を持ったこと…

休み明け「タスク収集」の儀式

お休み後のメールの山 これを書いているのは2017年10月25日です。昨日1日お休みをいただきました。そして、今日も午前半休をいただきました。ということは、私のメールボックスにはそれなりにたくさんのメールが溢れているはずですね。その通り、なかなかな…

「何歳?」「何歳に見える?」問題

あるあるネタ 「何歳ですか?」と聞いて「何歳に見える?」という返しをされると面倒臭い、というあるあるネタです。このやり取りは決して非日常ではなく、しかもそれに気がついていないのです。 曖昧な指示 仕事で「こういうのを作って欲しいんだけど、、、…

地に足がついていない夢想家に感じる「ジャナイ感」の本質

夢ばかり語って一向に行動しない人、小さな結果すら出さない人がいます。悪くはないし、否定はするつもりはありませんが、なんとなく「そんな大層なこと言っても……」と思わないでもありません。 この「ジャナイ感」は何からくるのだろうかと考えました。 ジ…

仕事を整理する時間は仕事か?

始業30分前に来いとはよく言われることらしいです。30分前に職場に来て何かしたら、もうそれは業務、つまり朝残業以外の何物でもないと個人的に思います。 警察が勤務前に柔道のトレーニングをやっていて、それを視察しに来ていた外国の人が「これは業務時間…

タスク管理によって勝手に増殖する「自信」

勝手に増えていく自信タスク管理が板についてくると、勝手に自己肯定感が上がっていきます。未知のことに取り組むのも、タスク管理ツールに落とし込めば心配いらないと思うようになります。 これは私が何度も目の当たりにしてきたことだが、「収集」「処理」…

クラウド版タスク管理ツールをどのように拡散したいか

どうやって広めようか ただいまクラウド版タスク管理ツールを絶賛作成中です。それを拡散する方法についてアイディアが出てまいりました。途中段階ですがこちらをお読みの方々に共有します。捕らぬ狸の皮算用の大風呂敷、お読みいただければ。 拡散戦略 ツー…

タスク管理をする暇すらない問題

タスク管理ツールを更新する暇もなく仕事をこなす環境 これは非常に難しい問題です。秒単位で仕事をこなさなければならなかったり、一日に終わらせなければいけない仕事が膨大過ぎる、タスク管理ツールを更新しようとしても、その更新にかける数十秒すら空け…

割り込みタスクが煽る不安に対抗する

割り込みタスクが入ってきて1日潰れました、というのはあながち嘘ではありません。 本当に一日かかるタスクが発生するときもあるでしょう。当初そんなにかかるはずだとは思えなかったタスクが、なんだかんだで随所で発生して1日のほとんどを使ってしまったと…

タスク管理で複業をする余裕を作り出した結果、祭りになった。

仕事に振り回されて、帰っても寝るの繰り返しで忙殺されて良いのか。これは多くの社会人が抱える問題でしょう。 私は、タスク管理"GTD"をすることで、精神的な余裕ができ、複業できるようになりました。 精神的な余裕とは何か。それは、別のことを考えられる…

それでも地味に頑張るハッタツさんこそ注目すべき

特性を生かして?私は発達障害のADHD(注意欠如・多動症)の不注意優勢型だと診断を受けて、そして障害者手帳の更新を忘れて今通常雇用で働いているという、何ともあべこべな就業をしております。 ニュースでも発達障害のことは取り上げられるようになりまし…

「一箇所に集める」ことは単なる物の移動にとどまらない

やる気スイッチはとても重要物事を進めるのに際してブレーキがかかる重要な要素として、「やる気を失う」ことは見逃せないものだと思います。「やりたくなくなる」「うんざりする」をどれだけ避けられるか。これをコントロールできると生産性は格段に改善す…

「仕事を書き出す」は単なるテクニックを超えた、生存戦略だ。

大事なことなのでまたまた言います このブログで何回も書いていることですが、大事なことなので何回でも同じことを書きます。 仕事が終わったら、仕事のことを忘れる。これができるとできないとでは全く違う、ということです。 違う、というのは焼きそばと冷…