読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ForGetting Things Done

「水のように澄みきった心」で頭空っぽに。

GTDセミナー無事終了!

友人の会社にて、無事GTDセミナーが終了しました!

 

パーカーズ・ピース株式会社

http://www.parkerspiece.co.jp

 

我が社内の説明会を除けば初陣でしたが、反応の良い参加者の方々に助けられ、良いセミナーができました。

 

概ね好評だったようで、秋に行われるこちらの「経理実務スクール」に、講師として登壇することになりました!

http://www.parkerspiece.co.jp/school/

 

人前に出て何か喋ることが大好きな私にとっては、本当にありがたいお話です。

 

今回のセミナーをやって分かったこと。

 

GTDの原理や効果をきちんと説明すれば、分かってくれる

 

GTDの開祖デビッド・アレンの打ち立てたGTDを支える理論はさすがでして、実務的・現実的でイメージしやすいです。

きちんと説明すれば、誰でも理解できるようでした。

 

仕事をやる上で「タスク管理」を意識せずにやっている人が結構いる

 

私にとっては、タスク管理に依存していると言って良いくらいに、仕事とタスク管理は切り離せないものです。

そうとは知らずに「そういえば自分なりにリスト作ってやってるな」と、タスク管理の説明をされて始めて意識するという人もいます。

 

中途半端に自負がある人ほど、タスク管理を始めたがらない

 

「自分はこんなものに頼らなくても大丈夫」と考える人もいます。

今回のセミナーで、実は社長が一番タスク管理をして欲しい人が、反応が一番薄かったです。優秀な経歴をお持ちの方でしたが、逆にそれが壁になってしまっているようです。

 

自分に危機感を持っている人ほど、熱心に聞いてきて理解が早い

 

上の話とは逆に、「今の自分ではいけない!」「今の会社、もっと改善すべき!」と思っている人の方が反応が良く、理解も早かったです。

 

印象的だったのは、高校を出たばかりの事務員さんの吸収っぷり。GTDをやる上で苦戦する「タスクの分解」がセミナー中にきちんとできるようになっていました。

 

特にGTDはワークは多めにすると良い

 

GTDは、特定のツールの使用を指示していません。それだけに、GTDを回すことを実感しづらい。タスクの分解収集〜見直しまで一通り説明してGTDを実践できることはほぼありません。

 

幸い、今回は私の作ったタスク管理ツールに入力してみせながら進められたので、イメージしやすかったようです。

 

ただ、説明用に用意してもらったPCがMacintoshだったので、操作説明がグダグダになってしまいました(笑)「これ本当はちゃんとできるはずなんですけどね、、、、マニュアルありますんでそれ見てやって下さい」と言うしかなくて悔しい、、、、

 

説明書を読み上げるように、ではなくストーリーを!

 

持ち時間が3時間と、私がGTDをきちんと説明するには少なかったです。

そこでは、いわゆるGTDの教科書的な説明と、ツールを使うためのワークにかける時間はまず必要でした。

しかし、それらは何のためにあるのか、私なりの考えを、自分の経験を通して伝える箇所を今回は設けていまして、そこは皆さんかなり興味深そうでした。

ただの説明ではなく、なぜそれが必要になったかというストーリーがあると、より興味が湧き、理解が深まるようです。

 

過ぎ話し過ぎは禁物。講師自身もより深く理解すべき。

 

話したいことが多過ぎて中だるみになったり、そもそも自分の中で把握・整理し切れていない部分はやっぱり反応が薄かった。

 

まとめ

 

ざっくりとですが、まとめるとこんな感じです。

 

GTDの概念は簡潔に説明する

・ワーク多めに

・ただの「説明書」にとどまらず、「何のためにGTDをするのか」講師自身の経験や考えを交じえる

・そうすれば、必ず興味を持ってもらえる!

 

こんな機会、他にもあれば是非!