読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ForGetting Things Done

「水のように澄みきった心」で頭空っぽに。

終わってしまいました!!「自分は要領が良くない、と思い込んでいる人のための仕事術」

まさにタイトル通り、F太@fta7 さんとの共催「自分は要領がよくない、と思い込んでいる人のための仕事術」が終わってしまいました。

 

私と共通した体験を持つ方々、つまり私の話をよく理解して下さる方々に参加いただき、F太さんによる強力なコメント(またの名を超優しい私のフォロー)に加勢してもらうという、喋り手としては最高に幸せな場所でお話をすることができました。

 

参加者の皆さん、とても真摯に傾聴していただき、共感して欲しいところではウンウン頷いてくれ、笑って欲しいところでは笑ってくれました。特に、今ならではのネタを仕込んだ箇所で笑ってもらって、心の中でガッツポーズをしておりました(笑)

 

 このイベントは、私のしくじり体験や、ダメダメだった私に共感していただき、そんな私がタスク管理という武器を得て、どのようにして「普通に仕事ができるようになっていったか」を伝えるのが大きな趣旨の1つでした。

 

それを明確に打ち出していたので、過去の私と同じような悩みを今まさに抱えている人、さらにはそんな人が身近にいる人が来てくれました。何らかの参考になるようなものを持ち帰ってくれたんじゃないか、、、と思っています。(全然参考にならなかったよオイ!という方、大変申し訳ありません!)

 

頑張ってもいつも仕事がうまくいかない、そんな状態になると、真面目な人は周りでなく自分を責めるようになります。真面目な人は、何か自分を成長できる糧があれば、それを取り入れようとします。失敗は成功のもとと言いますが、それを真面目に実行していると、自分をいつも貶めるだけになり、最終的には鬱一直線に。。。

 

このイベントに興味を持っていただいたり、実際に参加していただいた方々は、まさにそのタイプだと言えます。でなければ、土曜日の午前中から、このようなイベントに参加しようとは思いません(笑)

 

だからこそ、私のように自分を責めて仕事が続けられなくしてしまわないよう、自分なりの脱却法―—つまりそれが、タスク管理を仕事に取り入れるということなのですが——を提示したつもりです。

 

参加いただいた方々には、すでに参加の御礼をお送りしています。

そこでF太さんは参加者の方々に「第0期のパートナー」として、今後ともよろしくお願いします、という旨を書かれていて、まさに私もそのような思いです。

 

今後も、同様のイベントをやっていきたいと考えています。

是非足をお運びいただき、タスク管理について見識を深め合う「同志」として今後ともよろしくお願いできればと思います。