読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ForGetting Things Done

「水のように澄みきった心」で頭空っぽに。

朝礼・終礼の録音オン/オフ

私の勤める会社でも、他の一般の会社と同じような朝礼をやっています。

 

参加できなかった従業員のために、録音して共有しています。この録音のON/OFFを、毎日私はやっています。

 

録音ONは、習慣化できました。

録音OFFを、よく忘れます。

 

録音開始できるんだったら、終了もできるんじゃないの?とお思いかと思いますが、つい忘れてしまうんですね。

 

しかも、私の使っているPCには、

 

【!】朝礼 録音OFFした??【!】

 

と印刷した紙を貼っています。

 

つまり、目の前にこの紙が常にあるんですね。それでも、忘れる。

 

GTDの開祖デビッド・アレンは「絶対に忘れたくないなら、必ず目に入る場所、例えばドアの前などに置いておくことだ」と言っています。それに続けて「あなたの心のドアはどこにある?」とかカッコいいこと言ってます。


ええい、うるさい!(笑)

 

これ、確実にできる方法は、タスク管理ツールに毎日「朝礼録音OFF」と入れておけば、きっとできるんですね。

 

でも、割といい確率で録音OFFには成功しているので「そこまでしなくても」と思っています。ここが、私が自分自身を受け入れ切れていない部分です。

 

「毎日の朝礼の録音OFFすら毎日確実にできない」自分を受け入れて、タスク管理ツールに入力するか「いや、自分はそこまでではない」と思ってこのままいくか。

 

どっちでも良いんです。自分を受け入れなくてはいけない理由はありません。


ただ、これによって誰かに迷惑をかけたり、重大な被害を発生させたりするのであれば、対策を講じなければいけません。


その時は、タスク管理ツールの出番でしょうね。