読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ForGetting Things Done

「水のように澄みきった心」で頭空っぽに。

やりかけの仕事から完全に解放されるには

ボール持ち

「自分は要領が良くない!」と自覚している私は、タスク管理でその要領とやらを良くできたと思っています。

 

要領が良くなったと言い切れる理由の1つに、その仕事は誰がボールを持っているかを明確にしているからということがあります。

 

「この仕事は誰がボールを持っているんだ?」と上層部から言われて、みんな自分ではないと言って全員怒られるなんてこと、よくありませんか?俗にいう「仕事のお見合い」ってやつです。そんなこと無いですか?無いなら、それはあなたが極めて恵まれた環境にいる証です。いいなぁ(笑)

 

ボールを投げ返し続ける

要領が良くなる1つとして、自分がボールを持っている状態の仕事をできるだけ減らし続けることです。自分がやるべき作業をやって、とっとと渡す。これを繰り返せば、それだけの数の仕事が自分の手を離れていくことになり、解放されます。仕事はボールを投げ返し続けることの連続なのかもしれないと考えています。

 

完全に投げ返す

ボールを投げ返す際に、ちゃんとしたボールを投げないと、すぐに「これ分からないんだけど説明して」と返ってきてしまいます。その分、余計な仕事が増えてしまいます。ただアンケートに記入して返送するだけといった類のものであればさほど気をつける必要はありませんが、こちらからお願いをする時などは、かなり気を付けなければきちんとボールを返したことになりません。きちんと返さないと、上のように、要らない作業を増やすだけになったりします。

 

きちんとボールを返すには

そこで、じゃあどうやったらきちんとボールを返せるのか?という話になります。私が気を付けているのは「誰が」「どのような目的のために」「どんな作業を」「いつまでに完了させ」「誰に返すのか」を明確にすることです。「それを俺にやれっていうのか?」とか言ってくるんじゃないかとか、依頼しにくい相手だとストレートに書きづらい内容もあると思いますが、そこは頑張って書いています。

 

仕事からの解放

この連続で仕事が手離れしていき、解放されます。「これはもうあの人にボールがいっているから、私は知りませんからね」という状態です。これは、心中に秘めておけばかなり自分の精神衛生上良い影響を及ぼします。

 

あれもこれも、と手に付かない人は、こんなふうに考えてやってみるのも1つの手かなと思います。