読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ForGetting Things Done

「水のように澄みきった心」で頭空っぽに。

頭空っぽの効能が分かっている人は強い

頭が空っぽな状態になるには

もう全部やりきった!という時、頭の中に何もやるべきことがない、何かを覚えている必要がない!という時、とても爽快感を覚えますよね。頭が空っぽになった感じです。GTDでは「レビュー」とか「見直し」という作業が、自分をその状態へと持って行ってくれます。これがとっても大事なんですね。

 

頭を空っぽにするための作業

怪しい人についていくと「ただひたすらこのご神体(20万円)に向かって祈るのです!ご利益により頭の中がスッキリするでしょう!さらにご神体にこの鎧兜のアタッチメント(15万円)を装着させると半分の時間でスッキリするのです!振込口座はココ!」などと言われて信じこんでお金を巻き上げられちゃったりします。そんな危ない橋を渡らなくても、十分スッキリできます。

 

それが、タスク管理の王道「GTD」で定義されている手順のうちの「収集」「処理」「整理」を再度行うことです。これをまとめて「レビュー」あるいは「見直し」と言います。

 

仕事で言えば、新しく発生した業務をノートに書きとめ、またはPCでデータ入力し、その目的を達成するための段取りに分解して、その業務をするためのボールは誰が持っているかを明らかにすること。または既存の業務のボールを持つ人が自分から他の人に移ったときに、それを反映させるように書き換えたり入力し直したりすることです。

 

できていないことは全て把握できているし、その気になったときには実行できるという確信を持つことができる

 

これは、GTDの開祖デビッド・アレンが書いた本にある言葉です。さあこのありがたい本を特別に10万円であなたに差し上げましょう!……という怪しいものではなく、先ほど申し上げた「レビュー」を行うことによって得られるものです。

 

頭空っぽの強さ

この状態がどれだけ大事か分かっている人は少ないと思います。脳のメモリが有り余っているので、私の場合は色んなことに気がいくようになりました。ひらめきのようなものも多くなったと思います。そして何より、精神的余裕が得られました。こうなると強いですね。ちょっと苦手な偉い人にもサササッとアプローチできるようになった感があります。

 

頭にたくさんの仕事を入れたままにしておいて会議をしたりメールを書いたりすることがどれだけもったいないことか。案外、自分の頭を過信しているものではないかと思います。