読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ForGetting Things Done

「水のように澄みきった心」で頭空っぽに。

許せないポイント

 ハッとさせられた呟き

ツイッターでこんな呟きを読みましてハッとさせられました。

 

会社で、明らかに振り先違う仕事を振られることがあります。私の経験上、そのような頼みごとに応える姿勢を見せるとドンドン仕事が寄ってきます。やれる範囲を超えなければ良いのですが、結果的に超えてしまうことがあります。

 

さらに具合の悪いことに、いったん引き受けたその自分の業務範囲でない仕事が、いつのまにか私のポジション固有の仕事としてルーチンに組み込まれているのです。

 

「いいえ」が言えず

「いや、それは自分の仕事ではないので」と断れれば良いのですが、ちょっとしたタイミングにスッと入れてきます。後で「ああ、なんで引き受けてしまったのだろう」と後悔します。簡単じゃないですね。

 

本来の仕事でない仕事の対応を嬉々として数年前の私は引き受けていました。その結果はかなりよろしくありませんでした。そのことから、拒否反応が起こるようになりました。そうは言っても過激なものではなく「嬉々として引き受ける」から上記の「引き受けて後悔する」になったくらいです。あまり成長していませんね。

 

自分が抱えている問題?

これで終わればただの愚痴です。振ってくる側の事情もあるんだろうなと思っているところに冒頭のつぶやきです。少し考え込んでしまいました。自分の抱えている問題でもあるということは、つまり自分も誰かに無茶振りをしているということかと。

 

確かに「受け取ったタスクのボールは全速力で他人へ投げよう!」とか言っていますので、私から投げるボールが暴投である可能性も否定できません。

 

とは言え、ずっとその仕事のボールを誰にも投げずに温めていると良くない状況になることも経験上分かっています。

 

私ができることは、せめてボールを投げる時に相手のミットに収まるようにすること、暴投を投げてきたら球は拾いつつ今後はちゃんと投げるよう指摘することくらいでしょうか。

 

先日書いたこちらの記事とちょっと矛盾する気がします。本当ならこちらの方向性でいきたいのです。

 

この矛盾のモヤモヤは抱えつつ、自分の舵を切っていこうと思います。