ForGetting Things Done

「水のように澄みきった心」で頭空っぽに。

クラウド版タスク管理ツールをどのように拡散したいか

どうやって広めようか

ただいまクラウド版タスク管理ツールを絶賛作成中です。それを拡散する方法についてアイディアが出てまいりました。途中段階ですがこちらをお読みの方々に共有します。捕らぬ狸の皮算用の大風呂敷、お読みいただければ。

 

拡散戦略

ツールが完成して、その先どうするか、です。ツールをユーザーに利用し続けてもらうためにはシステム保守・管理しつつ、「こんなのできましたよ」と自分で情報展開して月額定額で使ってくれるユーザーを募る、というものが一般的でしょう。

 

私にはもちろんシステムの保守・管理の技術はありませんし、SNSでの情報拡散力も集客に使うには今ひとつ。したがって、保守・管理・集客は知識と経験のあるプロに依頼ということになりましょう。集金についても別途そのサービスをどこかの会社に依頼することになるでしょう。私が普通に売ろうと思ったら面倒臭いのです。

 

先日、キングコング西野亮廣さんが書かれた「革命のファンファーレ」という本を読み、コンテンツの売り方、その他現代でのマネタイズ一般について、純粋に面白いと思いました。この本に書いてある公式のようなものをベースに行動してみたいと思わせる、不思議な本です。

www.amazon.co.jp

 

そこで私が取り入れたいと思ったのは、以下です。

 

・ニュースを出すのではなく、ニュースになる。

 

・「いかに多く買ってもらうか」ではなく「いかに多く知ってもらうか」から始める。

 

・マネタイズのタイミングを後ろにずらす。

 

・信用を貯める。

 

方向性としては、従前のタスク管理ツールの販売戦略とは別の形で拡散を図り、拡散した後に販売されて上がってくる収益は自分の懐に入れないと今のところ考えています。なので「販売戦略」ではなく「拡散戦略」と考えたいのです。

 

もっと具体的に

もっと具体的に言います。お世話になっている社会福祉法人に、ツールの使用許諾(もしかしたら著作権本体も?)を全部お譲りして、障害者支援ツール兼タスク管理ツールとして、(保守・管理・集金は外部委託するとして)社会福祉法人からユーザーへ提供してもらうという流れです。

 

ユーザーの月額使用料は、システムの保守・管理費用と使用料集金代行費用を除いて社会福祉法人へ入ります。

 

ユーザー使用料を安く

この座組でユーザーが支払う使用料__今のところ月額定額制のごく一般的なものを考えています__は、①保守管理会社への報酬、②集金代行会社への報酬、③社会福祉法人への報酬、④私への報酬という4つにより決定されます。でも、できるだけ多くの人に安く使って欲しいのです。したがって、④はなくします。③も、収益mustな民間会社ではないのである程度抑えられるのではないかと考えています。そうして、月額使用料を安くして、より多くのユーザーに使ってもらいたいと考えています。

 

話題性。ニュースになるために。

そして、より拡散力を高めるため、単に商品を販売するというスキームではなく、社会福祉法人による」「障害者支援ツールとしても使えるもの」としてタスク管理ツールを販売するというのが面白いのではないかと考えています。「タスク管理」界隈は、特にタスク管理ツールの販売となると「ビジネス向け」寄りなニオイがします。別の領域の特性もさらに付ければ付加価値を高められます。

 

実際、タスク管理と障害者支援プログラムとの間にはかなり共通する点がある社会福祉法人の方から伺っています。臨床心理士や精神科・心療内科の医師、福祉関係の有資格者の方々により、その解説や推奨コメント等が得られれば、ビジネスにも福祉にも活用できるという、珍しいタスク管理ツールが出現します。対象の裾野が広がることで、より多くの人に知っていただけるのではないかと考えています。

 

私は聖人君子なのか?

もちろん違います。お金がないと生活していけません。使用料からの分け前をもらわないだけで、私自身のマネタイズは後ろへずらします。うまく拡散して使っていただけるようになったら、そのツールを使ってどのように日常業務に活用していくかだとか、そもそもどういう意図をもって作成したのか、といったことにユーザーやその周辺の方々は興味が湧くのではないかと想定しています。「このツールの原作者だ」という信用ができれば、そこに、私が自分の考えやそれを生んだ経験談などを話しに行くニーズが生まれると踏んでいます。

 

タスク管理ツールを使いやすく提供するので使ってね!というのは、私の本心です。これが「信用を貯める」ということにもなるかと思います。

 

私は物を作って売って儲けることにあまり重きを置いておらず、それよりも、人前で何かを伝えてお役に立てる、立てたと実感できることで生活していくことが最高だと考えています。それに合わせるのであれば、月額使用料の分け前で一喜一憂するよりは、どのようにユーザーへ自分の考えや経験を伝えるか考えをめぐらしたいのです。

 

そもそも、私のタスク管理に関する活動の目的は「私のように要領が良くなくて生き辛さを感じている人へタスク管理"GTD"を紹介することで生きやすくなる手伝いをする」ということでした。より多くの人に、できるだけ障壁を低くしてツールを拡散することで、この目的を達成できると考えています。この目的を効率的かつ効果的に実現するには、ちょっと珍しいですが、こんなやり方が良いのではないかと考えております。マーケティングの専門知識もない、ただの一サラリーマンの考えですので、何かアドバイスいただければ幸いです。あ、批判はご遠慮下さいませ。私のメンタルは豆腐並みにヤワいので。

 

一昨日、こんなツイートをしております。

この障害者就労移行支援事業所には、かなりコミットしてこれからもやらせていただくことになります。講座が終わった後の飲み会で、ツールの拡散について話が及び、上記のようなアイディアが出てきました。利用者さん向けのプログラム内容もワクワクするものばかりな上に、ツールについても楽しいことができそうです。

タスク管理をする暇すらない問題

タスク管理ツールを更新する暇もなく仕事をこなす環境

これは非常に難しい問題です。秒単位で仕事をこなさなければならなかったり、一日に終わらせなければいけない仕事が膨大過ぎる、タスク管理ツールを更新しようとしても、その更新にかける数十秒すら空けることができない、という環境に置かれている人がいるとのことなんですね。

 

GTDの開祖のありがたいお言葉

タスク管理手法”GTD"の開祖デビッド・アレンは、そんな相談に対しては一刀両断。極論ではないかと思ってしまうくらいバッサリいっています。

だが現実には、私がアドバイスしているようなリストを面倒だと感じ、GTDをやる必要ないと考える人たちがいる。
「全部書き出すのですか? すべてについて必要な行動を定める? それを……いくつかのリストにして、プロジェクトのインデックスを作って、毎週2時間かけて全部見直して、リストを完璧な状態に保つ? ご冗談でしょう。私にはそんなヒマはありません」
ほとんどの人は、これまで試してきたシステムで失敗してきているのだ。それらのシステムは不完全で、最新の状態を保つことができないものだったり、導入コストに見合うだけの効果を発揮するようなものではなかった。
(デビッド・アレン「ストレスフリーの整理術 実践編」より)

 

デビッド・アレン、自信満々の巻、と命名したくなるような一節です。要は、GTDをちゃんと運用できれば上手くいくという話のようですね。ホントなのか??

 

50%は本当

私の実感としては、今のところデビッド・アレンの言う通りだと半分くらいは思います。しかし、残りの半分、他人にも同じことが言えるかというと、難しいと言わざるを得ません。

 

ただ、1つ言えることがあります。それは、最初からできないと決めつけていやしないかということです。ツールへの入力は、難しいタスク分解がなければそれこそ数秒から数十秒です。その時間すらとれないのか、もう1回考え直しても良いのではないかと思っています。

 

やり方を変えるときは誰でも抵抗感を覚えるものです。その抵抗感によるメンタルブロックが外せたらGTDの恩恵を受けることができるかもしれません。

割り込みタスクが煽る不安に対抗する

割り込みタスクが入ってきて1日潰れました、というのはあながち嘘ではありません。

 

本当に一日かかるタスクが発生するときもあるでしょう。当初そんなにかかるはずだとは思えなかったタスクが、なんだかんだで随所で発生して1日のほとんどを使ってしまったというときも、もしかしたらあるかもしれません。

 

その割り込みタスクの所要時間が膨大だったり、数が多かったりしたら、それはもうお手上げ。タスク管理でやれることにも限界はあります。

 

ただ、割り込みタスクがあることで精神的なダメージがあってそのせいで1日をふいにしてしまっていたら、改善の余地があるかもしれません。

 

もしかしたら、割り込みがあったら途端に自分が今何をするべきか、どんな仕事がまだ残っているのか、把握しきれずに漏れてしまう仕事があるんじゃないかと不安でいっぱいになっていやしないか、いったん手を休めて確認すべきてす。

 

その不安は、大いにパフォーマンスを下げます。割り込みタスクの所要時間以上の時間的精神的リソースを消費します。つまり、不安になって何も手付かずの状態で無為に時間を過ごしてしまうことがあるのです。

 

私たちが予想外の自体や機会に直面するケースは、どんどん増えている。私が整理システムを使う理由の9割は、予想外のことが飛び込んできたときに他のことを中断してやるべきかどうかを素早く判断するためだと言っても過言ではない。
(デビッド・アレン「ストレスフリーの仕事術 実践編」より)

 

「他のことを中断してやるべきかどうか」の判断に時間がかかり、それによってパフォーマンスが下がってしまうのは避けたいものです。

 

デビッド・アレンは、そのためにGTDによるタスク管理システム(上記の「整理システム」)を使うと言っています。優秀な秘書を雇うようなもの、とでもいうべきでしょうか。

 

割り込みタスクは、「今やってるタスク、本当に今やっていていいの?」と常に揺さぶりをかけて、不安に陥れます。それに対して、自信を持って「いいんだ」と答えられる状態に、タスク管理ツールをしてくれます。

 

今では当たり前過ぎて何も感じませんが、影の黒子タスク管理ツールの大事なメリットの1つです。

タスク管理で複業をする余裕を作り出した結果、祭りになった。

仕事に振り回されて、帰っても寝るの繰り返しで忙殺されて良いのか。これは多くの社会人が抱える問題でしょう。

 

私は、タスク管理"GTD"をすることで、精神的な余裕ができ、複業できるようになりました。

 

精神的な余裕とは何か。それは、別のことを考えられる余裕のことです。

 

その余裕がもたらす効能。自分が本当にやりたいことを、「でも忙しいから」といった自分による自分への心理的なブロック無しに明確に意識できることです。

 

実際、成功している人たちの多くは、下のレベルでGTDのプロセスを実行すると、特に頭を働かせなくてもさまざまなインスピレーションが湧いてきて、より上のレベルに取り組めるようになった。GTDを実践している人の多くが最も価値を感じるのは、行動リストといった現実的な部分ではなくて、それらがコントロールできたときに自然に達成される、ダイナミックで創造的な思考なのだ。
(デビッド・アレン「ストレスフリーの仕事術 実践編」より)

 

より上のレベルというのは「自分が本当にやりたいこと」

 

それは何か。

 

自分にとっては、発達障害者、あるいは発達障害的な特徴を持っている人で、私と同じような生き辛さを感じている人のために、タスク管理を実践すると救われるかもしれない、ということを伝えること。

 

結果、イベントを十数回開催して、200何十人に直接それを話すことができました。

 

また、障害者就労移行支援事業所で講師をすることができるようになりました。

 

小規模ながらも会社の一事業として提案が通り、仕事として行うことができるようになりました。

 

それらを通して、以前では考えられないような凄い人たちに会うことができました。

 

これ全部を1年半でやることができました。GTDマジ神です。

 

私は偶然の出来事に助けられることが多かったので、みんな同じようになるとは言えませんが、少なくとも私にとってはGTDを実践するようになってからこれらのことが急激に展開していったことは事実です。

 

この高揚感は、毎日が文化祭みたいな感じです。この祭、できるだけ続けられれば良いなと思ってます。

それでも地味に頑張るハッタツさんこそ注目すべき

特性を生かして?
私は発達障害ADHD(注意欠如・多動症)の不注意優勢型だと診断を受けて、そして障害者手帳の更新を忘れて今通常雇用で働いているという、何ともあべこべな就業をしております。

 

ニュースでも発達障害のことは取り上げられるようになりました。良いことだと思います。ただ、一部のニュースで見られる論調、発達障害者は凹んだ部分がある分、得意なことがある。それを生かした仕事をして社会で活躍しています!」という話には少々違和感があります。

 

生かせる特性があるとは限らない
発達障害だったことで有名なエジソン、日本ではクドカンさん、最近では勝間和代さんが診断を受けたとのこと。こういったラインナップを見ると、発達障害者は皆天賦の才を持っていると思ってしまうかもしれません。

 

そんな天才ばかりではありません。ニュースなどで紹介される時も「発達障害を持つ〇〇さんは、細かなことに気が付く特徴を生かし……」などと、発達障害者は何か一芸に秀でた特徴を持っている人種であるかのように言われたりします。違います。

 

たまたま目立つ人がテレビなどの媒体でクローズアップされるだけなんですよね。「発達障害の特性のせいで二次障害を起こし、休職中の〇〇さんの一日を追ってみました」特集とか、誰も見ません。でも、大多数の発達障害者は、特に抜きん出た才能の無い人たちなのではないかと思います。

 

注目されるべきは「それでも地味に頑張れている人」
社会の中でもっと知られるべきなのは、発達障害でもこんなスキルフルな人がいる!ということではありません。とりたてて抜きん出た才能の無い人が、何とかして社会に適合しているさま、その努力、工夫だと思うのです。その「何とかして社会に適合している」ノウハウがもっと周知されるべきなのです。べき、と言うとちょっと強いですね。少なくとも、昔の私はそんな情報が欲しかったです。

 

手前味噌で恐縮ですが、社会になかなか適合できない中、偶然にもタスク管理という社会適合ノウハウに出会ってようやく会社で仕事を普通にできるようになった私の経験は、多くの人に知ってもらう価値があるのではないかと考えています。

 

才能がある発達障害当事者がその才能を遺憾なく発揮する話は、話としては面白いですが、発達障害で生き辛さを感じている人にとっては参考になりません。私のような、とりたてて抜きん出た才能の無い人間が、奇跡などに頼らずに社会に適合できるノウハウこそ、求められているような気がしてなりません。

 

ということでタスク管理はマジ神
私は、自分の持つ不注意優勢型という特性を持ちつつも、タスク管理というノウハウでフォローすることで何とか社会に適合、つまり会社で破綻なく継続的に仕事をすることができています。

 

発達障害でなくても同じような悩みを抱える人たちにタスク管理を紹介して、私と同じように仕事が普通にできるようになる経験をしてもらいたい。タスク管理は、我々のような要領の良くない、不器用な人たちが、いわゆる健常者と渡り合うために大いに役立ちます。

 

……ということを、もっともっと広めていかねばと思う今日この頃です。

「一箇所に集める」ことは単なる物の移動にとどまらない

やる気スイッチはとても重要
物事を進めるのに際してブレーキがかかる重要な要素として、「やる気を失う」ことは見逃せないものだと思います。「やりたくなくなる」「うんざりする」をどれだけ避けられるか。これをコントロールできると生産性は格段に改善すると思われます。

 

やる気スイッチは、えいっ!と力を入れれば入るものではありません。スイッチが入った状態は、「やる気を出す」というよりは、正しくは「やる気が出るように環境を整える」ではないかと考えています。そして、私にとってその重要な要素が「情報の一元化」です。

 

情報の一元化は、「その時必要な情報の居場所がわかって便利」ということ以上の効果があります。「うんざりする」ことから私たちを遠ざけてくれる効果があります。

いつか読みたいと思っている本やプリントアウトされた書類、パンフレット、マニュアル、雑誌、カタログなどが、本棚やデスクや居間のテーブルに放置されていたり、引き出しやカバンの中に紛れ込んだりしている状態を、あなたも経験したことがあるはずだ。
この手の書籍や文書の管理を実現する最も手っ取り早い方法は、「あとで読む」というラベルをつけた場所を用意し、そこにすべてを入れてしまうことである。1冊たりとも例外扱いしてはいけない。(中略)そこには読むべきものが大量にあるかもしれないが、それらの意味はすでにはっきりしており、それに対してとるべき行動もはっきりした。雑然とした状態は解消され、あなたは安心感を覚えるだろう。
(デビッド・アレン「ストレスフリーの仕事術 実践編」より)

 

「やるべきこと」の散在が生み出すがっかり感
「読むべき本」を「やるべきこと」と読み替えて話を続けます。やるべきことがいろんな場所にあって、その場所に行くたびに手がつけられていないやるべきことを発見すると、「ああ、ここにもまだやっていないものがある」とうんざりしますね。一箇所にまとめられて「やるべきことはここに全部ある」と認識しているのと比べると、「うんざり」による精神的なダメージは大きいと感じます。このうんざりはとても曲者です。そのときは一過性のものと思いますが、確実に自分の心に溜まっていって、結果「なんかやる気がないぞ」という状態になります。

 

タスクの総量が変わったわけではない
ただ散在していたものを一箇所に集めただけなので、やるべきことの総量は変わらないです。ただ、それに向き合う気の持ちようが大きく違います。そして、それはパフォーマンス、結果的にどれだけの時間でそのやるべきことを片付けられるかに大きく関わってきます。

 

タスク管理手法"GTD"の第1プロセス「収集」はまさにこれをルール化したものです。単なる整理術にとどまらず、気持ちにまで作用する点、改めてすごいと感じます。

「仕事を書き出す」は単なるテクニックを超えた、生存戦略だ。

大事なことなのでまたまた言います

このブログで何回も書いていることですが、大事なことなので何回でも同じことを書きます。

 

仕事が終わったら、仕事のことを忘れる。これができるとできないとでは全く違う、ということです。

 

違う、というのは焼きそばと冷奴は違うよね!といった単なる相違ではなく、良し悪しが転換するという違いです。

人生や仕事において「選択肢をその場その場で臨機応変に考える」というスタイルは、長い目で見ると絶対にうまくいかない。やるべきことのすべてをあらかじめ把握していないと、エネルギーの大半は、把握し忘れたことについて心配したり、目の前に突然現れたものと格闘することに費やされてしまう。自信を持って行動するかわりに、うまく乗り切れることを祈るしかなくなるのだ。
(デビッド・アレン「ストレスフリーの仕事術 実践編」より)

 

給料は「我慢料」込みではない

残念なことに、自分が抱えている「気になること」「やるべきこと」を全部書き出そうと言うだけで、言われた方からはタスク管理、GTDは見向きもされません。

 

しかし、仕事が終わった後に友達と飲んだり、家でくつろいでいたりしても、頭から仕事のことが強迫観念のように離れず、リラックスとは程遠い状態であることってありませんか。私はそれが当たり前だと思っていました。それが「社会人として働いて給料をもらう」ということなのだと思っていました。

 

でも、それは違います。社会人として働いて給料をもらうのは、何か役割を果たして結果を出したからに過ぎず、そこには「我慢したかどうか」は必須ではないんですね。辛いことに耐えて乗り越えてこそいっぱしのサラリーマンだ!という風潮がそこはかとなくあるような気がしますが、会社を出ても仕事のことを考えて不安で頭がいっぱいになるという状況に我慢するというのは、給料のうちに入っていません。

 

我慢は美徳という価値観

電通を昨年末に退職して「青年実業家」と名乗っている田中泰延(たなか・ひろのぶ)さんは、電通時代の激務を振り返り、仕事をこう定義しています。

www.machikado-creative.jp

「仕事」は、「自分の能力と、自分の時間で、社会の問題にとりかかり、担当部分を解決し、お金をもらう」ことだ。

 

電通社員の自殺事件、これは対岸の火事ではないと思っています。本人は業務過多で精神的に辛くなってしまったと思われますので、厳密には私が上で挙げた例とは違うかもしれません。しかし、我慢してこその成長といった価値観に支配されることで、仕事に精神を追い詰められるという感覚は、ほぼ同じだったのではないかと考えています。なので、対岸の火事ではないと思いました。

 

のほほんと何事もなく生活しているのに大層なことを言うな、と言われるかもしれませんが、誰にでも精神を病んで自死衝動が出る可能性はあると思います。何気に隣り合わせなのです。私は今でも「死にたい」という口癖が無意識に口をついて出てきます。そんなこと毛の先ほどにも思っていないのに、10年前に自分を追い込みすぎた時に出てきた心の声が、まだまだ自分の奥底に留まっているのです。仕事場以外で、仕事のことで頭がいっぱいに……というのは、そのくらい危険な状態なのです。

 

そんな重圧、しかも無意識に背負っている重圧から、私はタスク管理"GTD"を実践することでかなり解放されました。仕事が終わったら、まるで重い荷物を降ろしたかのような解放感を味わいつつ会社を出ることができています。

 

「給料は我慢料」という、どこかで言われたような話をそのまま信じ込んで、無意識に重圧を背負って生き辛さを感じている方、私と全く同じというわけにはいかないかもしれませんが、タスク管理でもしかしたら解放されるかもしれません。

 

私にとって、仕事を書き出して、全てを把握することは、単なる仕事上のテクニックを超えた、自分を危機から救ってくれているものです。そのプロセスを含むタスク管理"GTD"は、私にとって大事な生存戦略でもあります。