読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ForGetting Things Done

「水のように澄みきった心」で頭空っぽに。

「年次レビュー」という名の忘年会(TaskFreaks!!)

変態さんたち

この年末の忙しい中、翌朝から仕事もあるのに「タスク管理を語り合う」という目的のために、日曜日の夜に集う。はっきり言って変態としか言いようがありません(笑)

 

今年の夏に行われた「TaskFreaks!!」という、タスク管理イベントの忘年会(タスク管理的にいうと「年次レビュー」)が12月18日に行われ、参加してまいりました。

 

いずれ劣らぬ猛者で、最初こそ流行りのドラマの話があり、しかもそれも結構盛り上がったりしましたが、タスク管理手法、タスク管理ツール、仕事術の話になると皆話題が尽きず、気がつけば3時間半が過ぎていました。しかし、私の感想としては「まだまだ時間が足りない」でした。

 

タスク管理LIVE!

根っからの見て見て君な私は、タスク管理猛者達に、自分のタスク管理ツールと実際にどのように日常の業務でタスク管理を実践しているか、パソコンを持ち込んでデモンストレーションをしました。

 

私は、タスク管理のやり方は、ネット上で説明されたり、言葉で説明されたりしても、その実物を見ないことにはよく分からないというのが正直なところなんですね。

 

なので、自分のやり方も実際に見てもらわないと知ってもらえない、と思い、デモの機会をもらえて大変ありがたかったです。

 

コミュニケーションの妙

 さらに、これはタスク管理を真摯に実践している人に感じるのですが「みんな違って、みんないい」ということが、肌感覚でわかっているんですね。自分はこういう方法だけど、あなたはこうするんですね!へえ!という感じです。 

 

結局自分は自分のやり方しか無いのですが、その自分のやり方について、常に少し批判的で改善すべき点があれば改善しよう、取り入れるべきところがあったら取り入れよう、という考えを皆しているわけです。

 

なので、コミュニケーションが一方的にならず、その場は明らかに、お互いの知識を持ち寄ることで、各自新たな考えやアイデアを得たのではないかと思います。

 

私も、優先順位の付け方、仕事以外のタスク管理の話、会社組織内でのタスク管理の活かし方など、自分が実践できるような話を聞くことができました。これぞ知的生産の場だったように思います。

 

しかしツール話にはついていけず

しかしながら、私は自分の作ったエクセルのタスク管理ツールしか使っておらず、それに満足しているので、他のタスク管理ツールに興味が湧かないという、他のタスク管理マニアとの決定的な差があります。

 

今の自分のやり方を抜本的に変えようとは思いませんが、もうちょっと話のネタ的に、他のアプリケーションについて知識を持って、せめて人に紹介できるようになりたいと思いました。

 

こんなに楽しめる飲み会、なかなか無いです

1年前までは、こんなタスク管理フリークの集まる飲み会に参加して、こんなに盛り上がることができるなんて考えもしなかったのですが、いやはや、何があるかわかりませんね!

 

タスク管理は、今後間違いなく働き方が変わっていく、いかざるを得ない我々にとって習得が必須のスキルとなると思います。そんなタスク管理について道楽のようにワイワイ語れる場があるということは、刹那的ではない有意義なことだと思っています。

 

また参加したいなと思います。これをご覧の方々、タスク管理1つでこんなに楽しい時が過ごせます。元手は(あまり)かかりません。この会の元となった「TaskFreaks!!」は、来年も行われるようですので、思い切って参加されてみてはいかがでしょうか。

 

最後に、この会を開催してくれたひばち(‪@Evaccaneer ‬)さん、遠くスイスから後方支援(?)してくれたイド♂(@idomars)さんに感謝御礼申し上げます。